ジェスチャーを使った話し方

ジェスチャーを使った話し方

直立不動の姿勢で話をするのと、身振り手振りをくわえて話をするのでは、相手に与える印象が大きく変わります。

 

ここまで読んでこられた方には,言葉以外の部分が大事なことは十分理解していただけたと思います。

 

力強い話し方にしたいときは、手を上から下に力を加えるように動かす「加圧スタイル」が効果的ですが、ただ手を動かせばいいのではありません。動きの大きさも大事なのです。

 

1対1で話しているときに大きく動かすのは不自然ですし、わざとらしく見えます。むしろ「一生懸命話していて、手が自然に動いた」くらいの小さな動きでいいのです。

 

どんなに小さくてもジェスチュアをすると、話にメリハリがつけられますし、力強さ・暖かさ・感情をこめることができます。

 

相手が多いときには距離も遠くなり、小さな動作ではわかりませんから、動きを大きくします。つまり、動作の大きさを聴衆の数に比例させるということです。

 

話をするときに手を組む癖のある人がいますが、これはじっと動かずに話をすることになり、言葉以外のもので伝えるのに大きなマイナスになります。

 

普段の家族友人との会話でも、手を活き活きと動かす習慣を身につけましょう。

僕が実際に体験した「話し方教室(講座)」

コミュニケーションコーチ
元全国アナウンサー
西村順

日本話し方センター元副所長、現アカデミー所長
金井英之

社会文化功労症を受賞
横浜催眠心理オフィス
大滝保

金井英之:あがり症克服法

65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法

 

評価:98点/100点

 

わかりやすさ:
料金・価格:
著者知名度:
対象者:あがり症、赤面症

西村順:あがり症克服法

西村順式あがり症克服
元アナウンサーの裏ワザ

 

評価:90点/100点

 

わかりやすさ:
料金・価格:
著者知名度:
対象者:あがり症、口下手

大滝保:あがり症克服法

1日4分自己催眠トレーニング『脱!恐怖症プログラム』

 

評価: 80点/100点

 

わかりやすさ:
料金・価格:
著者知名度:
対象者:対人恐怖症